HOME > 事業所案内 > サービス内容(グリーンメディ訪問看護ステーション)

訪問看護事業

訪問看護とは・・・

 当社の訪問看護ステーションは、日中の在宅療養のご支援をさせて頂き、住み慣れた地域でその人らしく療養生活を送れるように、ご自宅などにおいて、看護師やリハビリスタッフ等の厚生労働省令で定める者が主治医の指示のもと、看護・医療ケアやリハビリテーションをご提供し、自立への支援を行うサービスです。
 看護師によるアドバイスからリハビリスタッフによるリハビリテーションまで幅広いサービスで身体機能の維持・向上による自己実現の支援をしていきます。

訪問看護サービスの流れ


 

豆知識

訪問看護と訪問介護の違い

訪問看護
医学的処置を含めた生活援助や支援を行います。
訪問介護
入浴介助や清拭等の身体介護、買い物・掃除・洗濯・食事の準備等の日常生活に応じた部分的な支援を行います。血圧測定などの医学的な処置は出来ません。


ご提供可能なサービス内容
テキスト訪問看護訪問介護
医学的管理×
床ずれの処置×
血圧測定×
入浴・清拭
体位変換
掃除・洗濯×
食事の準備×
食事介助
買物×

介護保険と医療保険、どちらで訪問看護を受けるの?
年齢介護保険で受けられる方医療保険で受けられる方
65歳以上加齢に伴い介護が必要となり、「要支援1~2」「要介護1~5」と認定された方。・要介護認定が非該当の方。
・要支援、要介護者のうち厚生労働大臣が定める疾病の方、ガン末期や急性増悪期の方。
40歳~64歳加齢に伴う特定疾病(がん末期を含む)が原因で介護が必要となり、「要支援1~2」「要介護1~5」と認定された方。・左記以外の方
・要支援、要介護者のうち厚生労働大臣が定める疾病の方、ガン末期や急性増悪期の方。
40歳未満40歳未満の方。

 
※厚生労働大臣が定める疾病とは・・・
末期の悪性腫瘍、多発性硬化症、重症筋無力症、スモン、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、ハンチントン病、進行性筋ジストロフィー症、パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(ホーエン・ヤールの重症度分類がステージ3以上であって生活機能障害度がⅡ度又はⅢ度のものに限る。) をいう。)、多系統萎縮症(線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮症及びシャイ・ドレーガー症候群をいう。)、プリオン病、亜急性硬化性全脳炎、後天性免疫不全症候群、頚髄損傷及び人工呼吸器を使用している状態